アドオン返済について

アドオン返済とは、クレジットカードの分割払いや、バイクローンなどで見られる返済方式のひとつにあります。 アドオンとは、分割手数料を現金価格に上乗せするという意味合いがあります。

ちなみにバイクローンを組むならこういったところがオススメです。

↓ ↓ ↓

バイクローン

話は戻りまして、アドオン返済は返済終了までの当初のしハリ楽屋借り入れ額を元本とみなし、そしてその元本を元にして一定の金利を乗せて利息計算をするアプローチとなるのです。

毎回返済額を算出するのであれば、現金価格に手数料の総額を加えた割賊販売価格を算出していきます。そして、返済回数で割ることによって、毎回いくら返済すればいいのかが分かるというわけなのです。

現在の消費者金融や住宅ローン等の返済方法は残債方式といい、ローンの返済を続けていると徐々に残債は少なくなっていきます。その時々の残債に対して一定の金利を掛けて利息支払いを請求する方法となっています。つまり返済が進めば進むほど利息の額も少なくなっていくという仕組みです。

アドオン返済の場合、アドオン率っていうの表記が出てくることがあります。アドオン率とは、アドオン金利の一種。通常のような年利ではなく、その支払い回数に応じた金利となっているので消費者金融などで表記されている実質年利などとは違ってくるようなのです。

普通であれば元本に金利を掛けてそれを365日で割り、借入日数をかけないと利息の計算ができません。しかし、アドオン率を使えば簡単に計算をすることができるのです。

例えば、3回返済でアドオン率が1%だったとして、30万円の買い物をしたとすれば×1%で3000円になります。この3000円を3階に分割して支払う形になるのです。つまり、1回あたりの返済額は10万1000円になるというわけなのです。

金利計算をする時に気を付けたいのは、アドオン金利の表記方法が異なる点。上記で紹介したアドオン率のケースもあればアドオン月利やアドオン年利というケースもあります。どの金利で表記されているかにより、計算方法も変わってくるので気を付けてくださいね。

アドオン返済のメリットとしては、返済計画が立てやすいということ、デメリットは返済額が多くなってしまうという事例もあるので注意が必要です。

大きな損をしてしまうこともあるので、ローンを組む時に注意をして契約をしてくださいね。

 

 

やりたい仕事

私はやりたい仕事というのが見つかっていません。今は医療事務で働いていますが、別に医療事務として働きたいと思って働き始めたわけではなく、とりあえず就職しないといけないということから医療事務を始めたという感じです。

こんな感じで医療事務として働いて7年がたとうとしています。

毎日やりがいはないですし、職場での人間関係に疲れ切っています。なんか、女の多い職場なので、嫌な感じの人が多いんですよねー。

人生一度きりと考えれば、これでいいのか不思議になってきたので、もういっそのこと今の仕事はやめてしまおうと思うのです。

で、いろいろと気になる仕事というのをアルバイトをしてみて体験して、今自分が働きたくてやりがいのある仕事を見つけるのはどうかなと思い始めました。

とりあえずは、花屋のアルバイトが気になっているので、どこかお花屋さんで求人を出しているところがないか?っていうのを探そうと思います。→アルバイト花屋

私はお花が大好きなので、時々いろんなところにお花を見に行くので、そういうのが仕事にできるっていうのがいいですよね。

まだ、このお花屋さんが自分のやりたい仕事になるかどうかは分からないのですが、これからいろいろ勉強させてもらおうと思っています。

また友人からの相談がありました。

この前の友人とは別な子なんですが、またお金の相談をされました。その子はまだ結婚はしていません。彼氏はいるのですがその彼氏のお金使いの荒さというか彼女にまで貸してくれと言ってくるそうです。

彼はバイクが趣味でバイクに結構なお金を掛けているみたいで、お給料のほとんどをバイクに使って、今同棲をしているのですが生活費みたいなのはたったの3万円しか入れてくれないので家賃や光熱費などは全部彼女が支払っているそうです。これから結婚のことも考えると貯金をしていかないといけないのでそれすらまともにできていないみたいです。3万円しか入れていないのに彼女にバイクのパーツみたいなのを購入するためにお金を貸してくれと言うそう。生活も毎月赤字同然でそんな貸せるわけがないから我慢してもらっているみたいなのですが、生活費が今月どうしても足りないっていうことでした。遠まわしでお金を貸してほしいと言ってきている感じがしたのですが、我が家も貸してあげることができないので、キャッシングを勧めました。

スマホから簡単に申込みができるアコムを勧めました。この前の友人のこともそうですが、成人をして働いてもいるので自分で解決できることはしてもらいたいと思います。お金ってホント何かあったときってトラブルになりやすいですからね。

あこがれだった主婦

私はずっと前というか小さい頃から、主婦になるのが夢でした。母親は仕事を正社員として働いていたので、あまり家にいなくて、友人の母親は専業主婦としていつも家にいたのですごくうらやましく思っていました。

なので、私も母親になったら主婦として家のことをして、旦那や子供たちを家に迎え入れる仕事をしたいと思ったいたのです。

でも、妹が結婚して妹の過程を見ていると、そんなに置き楽そうではないですね。もちろん妹も働いていますから。

働かなければいいんじゃないのって聞いてみたけど、働かないと生活できないよ!って怒られました。実際に主婦になってみると大変というか、そう簡単に主婦としてはいられないのかもしれませんね。

しかも、妹はお金も借りているって言っていました。子供にお金がたくさんかかるときがあるから、そういう時には借金しないとやっていけないらしいですよ。

妹のままとも出主婦をしている人とかでも、主婦でも借りられるところから借りているみたいですからね。

こういう話を聞くと、なんだか私の考えがすごく甘かったような気がしてきました。みんな一生懸命働いて生きているのに。。

 

親友のナオコがお金を貸してと…。

高校時代からずっと親友のナオコがいきなりお金を貸してといってきました。「どうしてお金が必要なの?」って聞いたのですが、今回ばかりは効かないでほしいということだったので聞きませんでした。

正直親友にお金を貸すなんてことが初めてだったので戸惑いましたね。金の切れ目が縁の切れ目なんて言葉もあることですし、これで親友のナオコとの縁が切れてしまっては意味がないですから。

でも、今回貸さないことにより縁が切れてしまう可能性もあります。

私の元気の源だったナオコの笑顔がもう見れないっていうのは辛すぎます。

しかも、今回の金額は30万円ということだったので、特に悩みましたね。正直今まで貯金なんてしてきていなかったので、消費者金融で借りるしかありませんから。

ナオコが消費者金融から借りればいいかなとも思ったのですが、今回はいろいろ聞けなさそうな雰囲気だったので、貸す場合は私が消費者金融から借りないといけません。

いろいろ考えた結果、貸すことにしました。もうあげる気で貸します。

なので早速スマホからアコムに申し込みました。

あっさり借りることが出来て、その30万円をそのままナオコに渡したのです。

これからどうなるかちょっと不安ですが、とりあえずナオコが安心したようでよかったです。

親友の安心した顔を見て私も安心することが出来ました。

大切な友達

私にとって友達はホントに大切な存在です。嫌なことがあっても友達といると忘れることが出来るし、友達の笑顔を見ると元気が出てきます。

こんな友達に恵まれている私ってスッゴク幸せだなって思いますね。

これからも友達を大切にしていきたいと思います。